今話題の浅草のホテル

浅草にあるきびだんご

雷門から浅草寺の本堂に行く間にある仲見世通りでは、小さな飲食店や土産屋が立ち並び特に土日はお参りに向かい人々でにぎわいます。

その中でも甘いものが食べたくなったら、きびだんごがほどよい甘さで疲れた体を癒してくれます。桃太郎で有名なきびだんごも江戸時代には、食べられるようになっていて現代にも続いています。団子に黍をまぶした昔ながらの団子も江戸時代には黍が使われていませんでしたが、もちろん浅草で売られているきびだんごもきな粉がたっぷりと付いています。

浅草で食べられているきびだんごは、江戸時代に食べられたものを再現していてその場で作った出来立てを食べることが出来ます。甘すぎない黄粉がたっぷりとかかっていて上品に美味しく5本入り300円から販売をしていますが、量も少なめで甘すぎないので1人でも十分食べきることが可能です。色々と食べ歩きたい方はみんなで分け合っても良いですが、基本的には食べ歩きが禁止されているのでお店側が用意したスペースか人通りが少ない道を選んで食べることをお勧めします。

そしてお土産屋テイクアウトもありますので10本入りの500円を買って帰って、家でゆっくりとお湯で温めてから出来立ての味を楽しみながら食べるのも良いです。それ以外にも冷やし抹茶や甘酒などの江戸らしいメニューもあり、時間のゆとりがあれば着物をレンタルして浅草を散策しながら人休憩に利用するのもお勧めの楽しみ方になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *